支援

相互支援会とは?相互支援によって誰もが成長できる場をつくる

相互支援会(コラボワーク)

ドリームプランプレゼンテーション(以下ドリプラ)では、10分という時間の中で自分が今後やろうとしている事業の価値、あきらめない理由を体験者に伝え見ている人たちに大きな感動と共感を与えるプレゼンテーションをしていきます。

 

そしてそのプレゼンに共感した人の中からは「あなたの夢をぜひ応援させてください」など言われることもあります。

そのため、ドリプラの大事な考え方の一つに「夢は、一人で実現することが最も難しく、みんなで一緒に実現することが最もたやすい」というものがあります。

 

そのドリプラをやる上で、その考えを取り入れた活動に『相互支援会』という活動があります。

今回の記事では、

  • 相互支援の考え方について
  • 相互支援会とは何か

についてまとめています。

 

相互支援とは

相互支援の考え方

「夢は一人で実現することが最も難しく、みんなで一緒に実現することが最もたやすい」

 

相互支援ではこの考えをモットーにしています。

どんなに高い壁が立ちはだかっても、一人ではなく皆で力を合わせれば登ることができるようになります。

 

相互支援では、まず相手を支援することを大事にしています。

そうすることで、相手からも同様に支援されるからです。

他人は競争相手ではなく、支援する対象です。

競争相手は昨日の自分です。

 

一人で創らない

相互支援会

この相互支援の考え方を具現化するために、定期的に「相互支援会」という集まりを開催しています。

相互支援会とはプレゼンターや支援者が全員集まり、お互いに支援をし合うことで、

  • 「夢が実現した時の最幸の物語」
  • 「あきらめない理由」

を具現化し、プレゼンテーションのレベルアップを図り各プレゼンターが最高のプレゼンテーションができるように相互支援する場です。

これにより、自分を客観視することもできて、相互のレベルアップを図ることもできます。

ドリプラX劇団では発表するプレゼンターのことを「メインキャスト」と呼んでいます

 

さらに自分の枠、限界を超える場でもあり、自分一人ではあきらめてしまうこともお互いに支援し合うことによって、自分の限界を超えた成長を図ることもできます。

このような困難も共に乗り越えた仲間は、ドリプラが終わってからも長く付き合う仲間になることもあります。

 

実際僕も2018年3月に開催されたドリプラ0期に携わりましたが、今でも当時一緒にやった人たちとは様々な活動でご一緒してます。

 

相互支援会で成長する

  • 相互支援会を通して、夢を始める前から何があっても動じない自分になることができます。
  • 相互支援することは、それぞれが自分に足りないものを集めることで、より自分らしくなることができます。
  • 人に教えることもまた、自分自身が成長することです。将来、自分が同じ状況になった時にどうしたらいいかを他人に教えることで学ぶことができるからです。

このように相互支援会はプレゼンターはもちろんですが、それを支援する人たちも一緒に成長していきます。

この場で様々な人との出会いがありますが、出会いはお互いに刺激し合い、自分らしさに気づきます。

そしてそれぞれが自分らしさを得て、それぞれの夢を実現することにもつながります。

ドリプラX劇団では相互支援会を「コラボワーク」とも呼んでいます

 

相互支援会の概要

相互支援会の目的

相互支援会では「プレゼンテーションと事業計画書の作成を通して、夢をかなえられる自立型人材になること」を1番の目的にしています。

グローバル化が進む中で、企業を取り巻く環境と時代変化の中で企業が生き抜くために、状況変化に臨機応変に対応できる人材が必要となっている。 このことにより「指示・命令待ち型」の社員ではなく、自らが考え、判断し、行動できる「自立型」の人材が必要とされている。 2006年に日本経団連でも「あらゆる組織で自律型人材を求めている」と提言を発表している

自立型人材 Wikipedia

指示や命令を待つのではなく、自分で考えて動ける人

そのような人になることを相互支援会では目指しています。

 

相互支援会の開催について

相互支援会は大きく「全体支援会」と「個別支援会」に分けられます。

全体支援会でやること
  • プレゼンター全員が一人ずつ現状についてプレゼンテーションを行い、自分の現状と課題を伝える
  • 他の参加者(支援者)は全員、プレゼンターに貢献する気持ちを込めてメンターシートを記入してプレゼンターに渡す

 

個別支援会もやることはほとんど同じですが、個別のプレゼンターにスポットを当てているという点が違います。

また全体支援会は月に2~3回、1回あたり5~6時間くらいの時間を取りますが、個別支援会については頻度や時間は厳密に決まっておらず、臨機応変に開催します。

 

メンターシートについて

メモ帳

メンターシート(メンターカード)とは、プレゼンターをやる気にさせる支援を書いて、プレゼンターに渡すシートです。

課題を解決するのではなく、課題に挑戦する勇気を与えることを目的にしており、プレゼンテーションや事業計画書に対する支援内容を記載します。

メンターシートについては、支援者からプレゼンターに渡すのはもちろん、プレゼンター同士でもお互いに渡します。

 

また支援会だけでなくドリプラの本番でも使われていて、その時は自分がプレゼンターに対してできることを書いて渡します。

本番ともなると、数十~数百のメンターシートが届くのでそれだけたくさんの支援がプレゼンターに届きます。

 

書き方の基本は、

  • 感謝ープレゼンターの話を聞いて感謝できることを見つけ出す
  • 学びープレゼンターから学ぶ、プレゼンターの存在価値を高める
  • 共感ープレゼンターと自分の共通体験、または共通概念を探す。夢の社会的価値を共有する
  • 賛美ープレゼンターの長所を見つけて、賛美する、喜ぶ
  • 出番ープレゼンターの短所を見つけ出して、自らの出番に変える
  • 支援ー信じる、そばにいる、仲間になる、励ます、尊敬する

この6つの要素いずれかが入る形で書いていきます。

 

相互支援会はプレゼンターと支援者、相互が成長する場

要点まとめ
  • まずは、相手を支援することから
  • 互いに支援することで、自分の限界を超えた成長を得られる
  • 相互支援会はプレゼンターだけでなく、支援した人も一緒に成長していく
  • 相互支援会では「自立型人材」を目指している
  • 相互支援会には「全体支援会」と「個別支援会」の2種類がある
  • メンターシートにプレゼンターの支援になるようなことを書く

 

以上が相互支援の考え方と相互支援会についてです。

ドリプラをやるにあたってプレゼンターでもそれ以外でも相互支援という考え方は重要になってきます。

自分の夢を持っているけどお悩みのあなた、相互支援会を通じてお互いに成長してみませんか。

ABOUT ME
長池 涼太
長池 涼太
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。 自分が音や雰囲気などの刺激に敏感なHSPと分かってからは、特にHSP関連のことをメインに発信しています。 今までいた会社で仕事に疲弊してしまった経験があるので、自分の経験を基にそのような人への道筋になれるような発信をしていきます。 ▼詳しいプロフィールはコチラ
夢が芽吹く瞬間をあなたも“体験”しませんか?

夢がある。絶対に諦めたくない!
そんな想いを持つ人が100日間かけて成長し、発表する
『未来動画プロジェクト』!!

どんな人でも認め合い、応援し合える世の中にしたい!

そんな想いで始めた発表会、見に来ませんか?