コラム

大嶋啓介さん講演会の実行委員長へかける思い

根本比奈子

今回、大嶋啓介講演会の実行委員長になりました比奈子です。

あと一ヶ月を切りましたが、どうして大嶋啓介さんをお呼びするのか?ということを改めてお話していきたいと思います。

ドリプラ0期に参加して

昨年、ドリプラx劇団に関わることで、誰かの夢を応援する、関わる各自が自分の想いを軸に無償で互いを応援しあう、こんなに素敵な仕組みがあるということ、地元茨城でこういう活動をしている方とつながり関われたことに喜びを感じました。

夢への入り口

これからを生きる子どもたちに

「モノ」ではなく、「モノガタリ」に共鳴・共振していく時代。

どんな想いで仕事をしているのか、どんな思いで行動しているのか、行動の背景にあるものに、敏感になってきていると思います。

 

そんな新しい時代の波を感じ、様々な情報に接する中で、心のあり方に気づきをもたらしてくれる作家ひすいこたろうさんを知り、日本古来の夢の叶え方「予祝」について知りました。

 

子育て期では思うように動けないストレスやイライラから、壁に穴を開けたりしたこともありました。

そんな時に私の壁をとっぱらってくれたのは、ひすいこたろうさんとの出会いだったのです。

いい意味での気の抜き方を教えてくれました。

 

そして、自分らしく一歩を踏み出そうと動き始めた時に知ったのが大嶋啓介さんです。

予祝を実践して高校球児やビジネスにおいて、次々と成果をあげている方です。

ひすいさんが静だとしたら、大嶋さんは動。

圧倒的な熱量とエネルギー!!

大嶋さんと一緒に

大嶋啓介さんについて

大嶋さんは、居酒屋から日本を元気にしたいという思いから「居酒屋てっぺん」や「居酒屋甲子園」を立ち上げ、本気の朝礼はテレビでも話題になっていました。

でも、ある時、諸外国に比べ、日本の子ども達の自己肯定感が低い状況にあることを知り愕然としました。

 

3人の男児の親でもあったので、

「自分自身が人生を楽しんでいる背中を見せてきただろうか」

「大人が疲れた背中をみせていて、子供が未来にワクワクできるだろうか」

「将来に希望が持てない自分に、満足できるわけがない」

と、自問自答しました。

子供の背中

それをきっかけに脳科学・心理学など多方面を学び、現在は

「大人が輝けば子どもが輝く、子供が輝けば未来が輝く」

という思いを掲げ、大人にも子供にも自分の可能性に気付き、「どうせ無理」という勘違いをなくしていきたいという思いを直接伝えていくために、夢を描くことや叶えていくための行動をテーマにした、講演活動・メンタル研修をされています。

 

実績として、全国での企業講演・学校講演はじめ、スポーツの分野においては、2008年の北京オリンピック女子ソフトボールチームに朝礼研修を実施し、金メダルに貢献。2014年~2017年、30校の高校野球チームにメンタルトレーニングを実施、11校19回の甲子園出場に貢献しています。

2019年は阪神タイガースもこの予祝を取り入れると新聞に掲載されていました。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/02/16/kiji/20190215s00001173341000c.html

 

社会人では、倫理法人会などでは朝礼で会社を元気にする!というコンセプトのもと「朝礼甲子園」など開催しているそうです。

予祝で変わる日常

大事なのは、「〜したい」という希望ではなく「〜できた!」ともうすでに叶ったと言い切ること。

私は、毎日3つ、今日叶えたいことを朝に書き出して1日をスタートさせています。

これが不思議な事に、夜に見返してみると不思議と叶えられているんです!

手帳で予祝

高校球児ならびに監督の心を動かし、実績に導く、大嶋さんのパワフルな講演は、自分の可能性、子供たちの可能性に気付き、行動するきっかけになると思っています。

地元茨城で夢を叶える人、また、今期の「未来動画プロジェクト」に参加し、夢を描き、共有し、実現へ向けて行動する経験へチャレンジする人を、ひとりでも多く輩出できること願っています。

夢が芽吹く瞬間をあなたも“体験”しませんか?

夢がある。絶対に諦めたくない!
そんな想いを持つ人が100日間かけて成長し、発表する
『未来動画プロジェクト』!!

どんな人でも認め合い、応援し合える世の中にしたい!

そんな想いで始めた発表会、見に来ませんか?