キャストリーダー

キャストリーダーの役割

メインキャストが最幸な世界観を作れるように最幸の舞台を用意することを目的としています。

 

発表の舞台を用意するための運営・管理、そしてキャストたちの見本となり、来場者を楽しませるために何ができるかを考え、実践していくことが役割となります。

 

キャストリーダーとして大切なことは相互支援と見本になる

キャストリーダーとして大切なことは

相互支援と、見本になるという二つです。

 

自分が相手のために何ができるか考える

キャストリーダーの一番大切なことは相手のために『何ができるか考える』こと。

つまりお互いに助け合うという考え方です。

 

相手というのはメインキャストや、キャストのこと。

 

常に自分から「何をしたら良いだろう?」と自問自答し、メンターや、キャストたちと話をし、実践をしていくことです。

 

例としてどんなことをするか書いておきます。

 

  • 笑顔で接する
  • 感謝する
  • コメントや、いいねをする
  • 情報のシェアを行う
  • 相手から学ぶ
  • 人を紹介する
  • 自分の体験や事例を伝える
  • 情報を提供する
  • 知識や技術を教える
  • アイデアを出す。提案する
  • 相手の強みを見出して伝える
  • 感謝や励ましの手紙を書く
  • 真剣に話を聞く
  • 一緒に考える、一緒に悩む
  • 自分の出番を見つける
  • 励ます、誉める
  • 一緒に体験する
  • 促す
  • そばにいる
  • 自分の意見を述べる
  • 最後は相手にゆだねる

 

このようなことを相互支援と言い、最も大切な経営資源である勇気を共有することがキャストリーダーの重要な役割です。

 

キャストたちの見本になる

ドリプラXでは、それぞれに係があります。しかし、その内容はほとんど決まっていません。

その場合、必ず起こることがあります。

 

「一体何をすれば良いの?」

 

これは初めて入った人、今まで経験がある人でも同じように戸惑いが起こります。

 

そんな時に敢えて困難に挑む権利を持っているのがキャストリーダーです。

 

キャストたちはキャストリーダーがどのように問題を解決するのか?ということを見ています。

その真っ先に解決しようとする姿に感動が起こります。

 

「このように解決していくのか!」

 

とキャストたちも分かってきます。

 

ぜひ、キャストたちの見本となる行動を心がけてみましょう。

そうすれば全員で共に成長していくことができます。