ギルドマスター、です。

今まで「普通」だったものがガラリと変わり、少数派だったものが多数派になり「悪くなった」と感じているかたもいるかもしれません。

その一方で「良くなった」「ようやく自分の時代がきた」という方もいて、これは既存の概念がひっくり返るようなそんな瞬間にいるんだなぁと思うことがあります。

そんな中、自宅待機中の子供たち(ギルマスのちびっこ)に

avatar
ゆづる
「せっかくだからうどんを粉から作る体験をさせたい」

と、ギルドメンバーのゆづるが腕をふるってくれました。

うどんを切る

粉を計量し混ぜ合わせ、子どもに踏んでもらい発酵させたうどん玉を綿棒で伸ばし、それを切る男

職人でもなんでもない青年が(写真は誤解を招きそうですが本職はファシリテーター)、昔自分が子供の時にうどんを作ったという経験を元に、それを次の世代の子どもたちに伝えてくれました。

うまくやろうとか、上手にとか、それが目標じゃなくて、そういう「経験をした」ことが大事なんだなと改めて気付かされた日でした。

ともひるねの座右の銘。

avatar
ゆづる
「自分にできる精一杯を全力で貫く」!

環境が変わっても自分にできることはなにか。

これから大事になってくるテーマなんじゃないかなと思います。