紹介

未来動画1期エンターテイナー本谷 由香さん【時代を超えてきた古材を救い価値を創りたい】

本谷由香

今回ご紹介するのは、【どんな人でも価値があると伝えたい】という夢を掲げるエンターテイナー、本谷由香さんです。

※プラン名や、行う事業は夢を深掘りしていく過程で大きく変化していきます。当日、その変化も合わせてお楽しみに!

 

ドリームプラン

時由地材

👇現在

想いがつながる夢ファミリー

 

エントリーした理由

自分が何をしているのか、どんなことをしていくのか?を聞かれることが多くなってきていて、自分のことをわかりやすく伝えるためには、自己を更に深掘りし整理していく必要があると思いました。

今の自分だけでは、自分の想いを伝えるための時間が足りていません。

けれど、もう自分はその夢を小さな形でもやっているのと、周りの人から「お店やっているの?本谷さんにお願いしたい」という声が出てきています。

そう思っていた時に、このプロジェクトの話を聞き、自分には夢を語ることで、自分にとっても周りの方々にも私が何をしていてどんなことをしていきたいのか?を伝える良い機会だと感じたからです。

みなさんの手を借りながら伝える機会をつくりたくエントリーしました。

 

プレゼンテーションについて

特にどんな人に未来動画プロジェクトのプレゼンを聞いて欲しいか

非日常を感じたい人、生き甲斐を見つけたいけど見つかってない人、自分でも何かできるんじゃないか?でもどうして良いかわからない人、今何かに打ち込んでる人、などです。

でも一番聞いて欲しいのは、私の人生に関わってくれた方々です。

自分のプレゼンを聞いた後に、聞いた人がどんな状態でいてほしいか

こんな生き方で大丈夫なんだ!と勇気づけられて欲しいです。私、適当に生きてるんです笑

でも、こんな私でも今まで生きてこれたのは、周りに生かされてきたからで、私を諦めないでくれた方々のおかげさまだからなんです。

だから、自分もやりたいこと、やれることやってみよう!と思って、聞いて楽しかった!と思って欲しいです。

自分のプレゼンのどんな部分を楽しみにしてほしいか

何が起きるか予想も予測がつかない中で、計画していなかったのに、奇跡のように、まるで前から決まってたかのように出来上がっていく様が伝えられたらよいなと思っています。

 

この夢を通して社会に提供する価値

空き家問題、少子高齢化問題

価値ある日本のもの(着物や古材、古道具)のアップルサイクル化。

猫ボランティアさんたちの問題改善。

酒の大事さ(飲みにケーション)の再発見

 

あきらめない理由

昔の小さな自分(小学校1年生くらい)の時から、雑貨屋さんをやりたい、建築士になりたいと物心つく前から思っていたようです。

それで、古いものというより使い古されているけど、自分が良いと思うものに知らずに反対してました。

あきらめないというより、それが好きだしやり続けたいからあきらめる理由がないです。

 

パートナーが発表者を応援する理由

応援者1

私という人間の全てが好きだから人生まるごと応援したい。

つき合ってから今まで、仕事の合間や休みは一緒にしたい!そして心配だから!笑っていてほしいから!いつもなんでも応援する。

 

応援者2

発表者の古き良きものを扱うという理念に共感と、そのことがこれからの日本に必要になっていくと感じています。

高齢化社会(2020年問題)や少子高齢化による空き家問題もあるし、古くて価値があるものが残っていって欲しいので発表者に叶えて実現して欲しい。

 

未来動画プロジェクトへ来てくれる方へのメッセージ

私たちのために、見にいこう!と思って下さりありがとうございます。

私や仲間達は、きっと本番直前まで、このプロジェクトに参加することでみなさんが過ごしている日常とは違う日々をおくっています。

喧嘩や泣いたりもします。悔しがり、腹を立てる時もあります。その中で得る何かを、参加者が当日に伝えるために産みの苦労をします。

それを見ていただき、みなさんも何かを感じて、自分でも何かを掴んで頂けたら幸いです。

ABOUT ME
ソルティー
ソルティー
塩畑 貴志(ソルティー)ともうします。 中学の頃、完全に記憶喪失になり、普通のレールに乗ることが夢に。しかし、社会人になってからADHDと分かり、組織にうまく染まれず、行き着いたのがフリーランスという道でした。 ブログで大事にしてることは『ブログ』を一つの作品として発信し、どんなに辛いことがあっても見本になれる生き方を見せることです。
夢が芽吹く瞬間をあなたも“体験”しませんか?

夢がある。絶対に諦めたくない!
そんな想いを持つ人が100日間かけて成長し、発表する
『未来動画プロジェクト』!!

どんな人でも認め合い、応援し合える世の中にしたい!

そんな想いで始めた発表会、見に来ませんか?