コラム

自分と向き合って気づいた「人との関わり」の変化

スタッフ皆で笑顔

皆様はじめまして!

さゆりと申します。

今年の6月2日、大島啓介さん講演会のボランティアスタッフとして活動させていただいております。

ボランティアスタッフを始めたきっかけ

ボラスタメンバー集合

ボランティアスタッフを始めたきっかけは、先月、別のイベントへ行ったとき、たまたま知人と再会し、「大嶋啓介さんという方の講演会をやるんだけど、ボランティアスタッフやらない?」とお声がけいただいたことが始まりです。

なんとなく参加していた頃の思い

実際、大嶋啓介さんがどんな方なのか、ドリプラX劇団とはなんなのか、全く知らない状態でした。

でも、なにか惹かれるものがあって、「やりたい!!」の即答でした。

 

何に惹かれたのか?

当初はわかりませんでした。

 

ただ、私自身「今年は新しい自分になる!」をスローガンに掲げていたので、この活動で何か見つかるかなという思いも根底にあったと思います。

 

ボランティアスタッフとして活動に参加する前は、「今年は新しい自分になる!」とは言ったものの、何をどうしたらいいかわからない。

迷走する背中

分からないながらも「カフェで働きたい!畑借りて自然農をやりたい!」という自分のやりたい!を実現してきました。

 

だけど、なにか満たされない。

毎日の不満ばかり見ていたような気もします。

新しい自分になる!と決めておきながら、、、笑

思いが決まると動き出す

そんなとき声をかけられた、ボランティアスタッフへのお誘い。

最初は、「やりたい!とは言ったものの、宗教のように見られるのは嫌だな」など体裁を気にして、チラシ配布も躊躇したり自分にブレーキをかけ、とても中途半端な関わりをしていました。

躊躇する後ろ姿

だけど、ぼんやりと今までのことを思い返していたときに

「中途半端な関わりは、自分にとっても周りにとっても中途半端な結果になるし、本気で活動している人にも失礼だ」

という思いが湧いてきました。

 

その後、あるイベントで他のボランティアスタッフと話しているときに

「講演会を成功させたい!ただやりたい!熱意があれば周りの目を気にせずなんでもできちゃう」

という姿勢をみて感化されたのです。

 

「私も本気でボランティアスタッフをしよう!」

 

強い熱意が湧いてくるのを感じました。

私がボランティアスタッフを通して見つけたこと

まだ活動に参加して半月ほどですが、ミーティングに参加したりチラシを配布したり、新しく多くの方と交流を持つようになったり・・・

そんな活動の中ではっきりと明確になったものがあります。

 

それは、私自身のボランティアスタッフをする目的です。

 

今までは、それがずっとあやふやでした。なんとなく楽しそうだから、とか。

それがやっとはっきりとしました。

 

私の目的、それは

「この活動を通して、自分の主体性を取り戻し、みんなで成し遂げることの楽しさを学ぼう!主体的に生きるってこんなに楽しいんだ!ということを自分の姿勢を通して、周りに伝えていきたい!」

スタッフ皆で笑顔

ボランティアスタッフをしている方たちは大半が主婦ですが、皆さんとても意欲的で

「今日、チラシ配布してきたよ!」

「私も!」

と毎日のようにやり取りしている中で、同じ志を持つ者が集まり、力を合わせ成し遂げようとしている。

とても有意義で気持ちいい~と楽しんでいる自分がいます。

そして、現時点ですが、たくさんの人と交流を持てることはなんて素晴らしいことなのだろうと実感しています。

 

多くの人と話すことで、それぞれに影響を受け、いつの間にか自分に蓋をしていたことに気が付く。

そして蓋は一つだけじゃない。ここにも!あそこにも!気づかないだけでたくさん蓋がある~出てくる出てくる~♪笑

自分を知っていく面白さがあるな~と思います。

また、何よりワクワクしている自分がいる。

今まで避けていた本当の気持ちに気づいた

私は生まれて今年で30年となりますが、社会に出てから希薄な人間関係を好んできました。

面倒くさくないように。と言いつつ、常にな~んか満たされない感じがありました。

会社でつまらない

今年に入り「カフェで働きたい!畑やりたい!」を実現してもなにか満たされない。

好きでやりたいと思っていることを実現してハッピーなはずなのに・・・

あと一歩なんだけどなあ、というところ。

 

それが、半月の活動を通して、

「素の自分で多くの人と関わること」

に満たされなかったヒントがあるんじゃないかと思うようになりました。

 

何かをやることに意義がある、というよりもそれを通した、人との関わりに意義があるんじゃないかということです。

ここはまだ私自身あやふやなので、うまく表現できないのですが、講演会を終えるころにははっきりと言葉にすることができるかな?と思っています。

講演会へむけて

講演会を成功させたい!という思いももちろんありますが、この講演会の事前活動を通して、なりたい自分に一歩近づく体験をさせてもらっています。

ほかの方たちも、それぞれボランティアスタッフをしている目的があると思います。

そんな方たちとともに活動させて頂けることに本当に感謝しています。

 

講演会まであと1か月!

またこの後、私含め他のボランティアスタッフの方もどう変化していくのか大変楽しみです。

 

改めて、この場を設けてくださった大嶋啓介さん、ドリプラX劇団を始めとする皆々様、本当にありがとうございます。

これからもよろしくお願いしま~~す!!!(^^)!

 

 

夢が芽吹く瞬間をあなたも“体験”しませんか?

夢がある。絶対に諦めたくない!
そんな想いを持つ人が100日間かけて成長し、発表する
『未来動画プロジェクト』!!

どんな人でも認め合い、応援し合える世の中にしたい!

そんな想いで始めた発表会、見に来ませんか?