事業

事業計画書で具体的な事業のイメージを作る

事業計画書

ドリプラにおいては事業計画書を作る場合もあります。

事業計画書を作ることで、行動計画などの確認ができますし、作成していく中で事業の課題や問題点が明らかになることもあります。

そんな事業計画書を作る上でのポイントを紹介しています。

 

事業計画書とは

事業の計画について書いた書類のことで、具体的な実施・行動計画を書きます

通常の事業(ドリプラ外)では、事業の内容を確認するのはもちろん、銀行から融資を受けたり、投資家から投資をしてもらうためにも重要な役割を担っています。

 

ドリプラにおける事業計画書

計画書

ドリプラにおいても事業計画書を作ることはありますが、ドリプラでの事業計画書の役割は、プレゼンの内容に共感した人が、自分の出番を探すために見るものという役割があります。

 

ドリプラは、いかに数字や収益性だけでなく」に共感できる人を集められるかが鍵です。

ただし形はどうであれ、「事業」である以上は以下のことに注意しながら事業計画書を作成していきます。

 

具体性

  • 誰にでも、一言で事業の価値を伝えられるか
  • 誰のために、何のために行う事業であるかが明確か
  • 事業内容が明確に作り込まれているか

 

いかに自分の事業に価値があるか何のためにやるか具体的に伝えることって大事ですよね。

 

必要性

  • その事業によって、誰がどのくらい幸せになるのか
  • 今の時代感覚に合った仕組みになっているか

 

自分の事業でどういう人が幸せになるか、必要とされるかですね。

 

発展性

  • 1つの商品の開発などの、単発的な物ではなく、将来的にステップアップしていく事業になっているか

 

自分の事業が年数を重ねていくごとに、ステップアップ(発展)していくかですね。

 

社会性

  • 社会的意義、価値の高い事業であるか
  • これからの社会で必要とされるべき事業であるか
  • 事業の発展が社会や人々の幸せに結びついているか

 

事業を通じて人々を幸せにできるか。

社会的に意義があり、必要とされるものかですね。

 

独自性

  • 自分らしさ、個人の魅力が事業の価値となっているか
  • 新たなマーケットを創造できているか
  • 容易には他社に真似できない技術、ノウハウ、経験値などを有しているか
  • 口コミで広がるような話題性はあるか

 

競合が簡単には真似できないような事業であるか。

事業の中にも自分らしさ個人の魅力があることが重要ですね。

 

実現性

  • どこまでの準備ができているか
  • 事業として成り立つ理由がどこまであるか
  • 何からどのように始めていくかが決まっているか

 

事業に対して、どこまで準備ができているかどうしてその事業が成り立つかですね。

事業をやるにあたってどようにまずはやっていくかまで分かっていると、出番を探す人も探しやすいです。

 

収益性

  • 収支計画が詳細に作り込まれているか
  • 売上に根拠があるか
  • コストパフォーマンス(経営効率、利益率)に優れているか
  • リスクに対して十分な対応ができているか

 

事業である以上、収益を出すことは重要です。

どのようにして収益を出していくか、考えられるリスクにも対応できるかも把握しましょう。

 

自発性

  • 自発的に本気でやりたいと思っているか
  • 成果が出ずともやめない理由があるか
  • 自分でなければならないという使命感があるか

 

本当にその事業をやりたいのか、もし成果が出なくてもやめないでいられるか(あきめない理由)

そして何より「なぜ自分がやるのか?」ということを明確にするのも大事です。

 

事業計画書に入れこむ内容

事業コンセプト

  • 事業の背景
  • 事業のコンセプト
  • 事業のポジショニング

 

事業の概要

  • 事業全体の概念が分かるように、「6W4H1D」を入れ込む
  • 事業のポイント
  • 事業の全体図

事業の内容

  • 商品、サービスのイメージや具体的な内容
  • 対象顧客の具体的なイメージ(ペルソナ)
  • 今後の技術展開、商品展開
  • 他社にはできない技術、ノウハウ、情報の内容サンプル
  • 広告、宣伝方法
  • 販売促進、営業方法
  • 運営及び管理方法
  • 生産管理システム
  • 人材募集、人材育成について
  • 事業展開スケジュール
  • 組織図
  • 既存事業、他社との比較
  • スタートアップ期、短期・中期・長期の目標
  • CIデザイン
  • 事業の課題と対処方法
  • 収支計画

これらの項目を明確にすることで、事業計画書を完成させることができます。

CIデザイン→コーポレート・アイデンティティ(Corporate Identity)。企業が自社の理念や特性を社会に共有し、企業内外に統一したイメージを作りよりよい社会を作ろうとする企業戦略。ビジョンとポリシーを反映した商標、マーク

 

事業計画書だけでは足りない

このように事業計画書を作成することで、事業の具体的な内容や計画が確認できますし、見た人にも自分がこれからやることが伝わりやすくなります。

ただし事業計画書も万能なわけではなく、

  • 何のためにやるかが伝わりづらい場合もある
  • どういう思いかが分かりづらい場合もある

といったデメリットもあります。

(もちろん、書き方次第で伝えることも可能ですが)

 

そのため事業計画書だけでは不十分な部分もあります。

それを補う意味で、ワンシート企画書であったり、プレゼンテーションも重要になってきます。

 

事業計画書もドリプラでは重要

記事のまとめ
  • プレゼンの内容に共感した人が出番を探すために事業計画書は必要
  • 事業計画書に入れ込む内容や型がある
  • 事業計画書だけでは思いまで伝えるのは難しい
  • それ補う意味でワンシート企画書やプレゼンも重要になってくる

自分の事業を始める、事業を発展させていく上で事業計画書は重要な役割を果たします。

一方で事業計画書があれば全てOKでもなく、ワンシート企画書やドリプラのプレゼンの内容も重要になってきます。

 

事業の具体的な計画や課題、問題点を明らかにしたい方。

事業計画書を作って、自分の事業を研ぎ澄ましてみましょう。

 

ABOUT ME
長池 涼太
長池 涼太
会社をクビになって自信を無くしていた中でブログを始めました。 自分が音や雰囲気などの刺激に敏感なHSPと分かってからは、特にHSP関連のことをメインに発信しています。 今までいた会社で仕事に疲弊してしまった経験があるので、自分の経験を基にそのような人への道筋になれるような発信をしていきます。 ▼詳しいプロフィールはコチラ
夢が芽吹く瞬間をあなたも“体験”しませんか?

夢がある。絶対に諦めたくない!
そんな想いを持つ人が100日間かけて成長し、発表する
『未来動画プロジェクト』!!

どんな人でも認め合い、応援し合える世の中にしたい!

そんな想いで始めた発表会、見に来ませんか?